基礎化粧品の肌トラブル改善につながる正しい選び方や効果的な使い方

基礎化粧品の肌トラブル改善につながる正しい選び方や効果的な使い方

初めての基礎化粧品の選び方

思春期を迎えたお若い方は「聞いたことあるけど何なの?」という方も少なくないでしょう。
まず基礎という名の通り、肌の基本的なケアをする化粧品だということです。

 

お化粧をしたらクレンジングで落としますよね?

 

クレンジングも基礎化粧品の一つです。

 

クレンジングをしてウオッシングをして化粧水、乳液で肌を整えるのですが今たくさんの種類が販売されています。

 

選ぶのも一苦労ですよね。

 

薬局に売っているだけでもリーズナブルなものから高価なものまであります。

 

まずは試しに低価格なものから試される方が多いでしょう。

 

それも間違いではないのですが、自分の肌に合っているものなら安価でも十分なので無駄に片っ端から買って試すなんてことがないように、選び方をこれから説明します。

 

自分の肌質というものをどのくらい理解しているでしょうか?

 

お友達と比べて油っぽいとか乾燥してるとかは当てになりませんので参考にしないでください。

 

他人と比べて油っぽくても、特に肌トラブルがなければ健康なのです。

 

ですから、自分がどんな肌で、なんのトラブルを抱えているか、どうなりたいのかを理解しましょう。

 

例えばオデコと顎にニキビがある方なんかはさっぱり系の基礎をおすすめしますし、粉を吹くような乾燥肌にはしっとり系の基礎をおすすめします。

 

主に基礎はしっとりとさっぱりの二種類に分類されますが、さらにそこから細かく分かれていきます。

 

化粧品メーカーによって、得意不得意のジャンルがありますので、自分に合ったメーカーを見つけてくださいね。


基礎化粧品の正しい使い方

基礎化粧品はスキンケアのための化粧品のことで、正しい使い方をすると肌トラブルの改善につながるかもしれません。

 

まずクレンジングや洗顔などで洗浄してから、化粧水や美容液などで水分を与え、美容液や乳液、クリームなどで油分を与えましょう。
クレンジング剤には、シートやオイル、ジェル、クリームやミルクタイプのものがあり、それぞれ特徴が違うので自分の肌質や目的に合わせて選びましょう。

 

メイクを落とす時は、クレンジング剤を手のひらで温めてから、顔の内側から外側に向かって丁寧になじませて汚れをきちんと落とすことが大切です。

 

そして、洗顔料は手の平でしっかりと泡立ててから、手が顔に直接触れないように気をつけながら洗い、泡が顔に残らないように十分にすすぎましょう。

 

化粧水は、後の基礎化粧品が浸透しやすいように、しっかりと角質層まで浸透させるのが理想的です。

 

それからしわやたるみなどの肌トラブルに効果がある、美容液でケアしたほうが良いですが、必要最小限で済ませたい方は省略しても構わないでしょう。

 

最後に、肌の表面を覆う役割のある乳液やクリームを使用します。

 

油分や水分をバランスよく配合している乳液は、保湿しながら必要な油分を補います。

 

乳液よりも油分が多く配合されているクリームは、有効成分を肌に閉じ込める働きがあります。

 

どちらも同じ役割がありますが、肌なじみの良さなどは配合されている成分で違ってきますので、どのような効果があるかを確認してから選びましょう。

基礎化粧品をより効果的に使用するおすすめの使い方

数ある基礎化粧品、どれが良いのかわからずに何となく選んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

間違った基礎化粧品の使い方や選び方は、逆にお肌に刺激を与えてしまったりする事もあります。

 

またその反対に、プチプラなアイテムでも正しい使い方をする事で、今以上に効果を発揮してくれる場合もあります。

 

まず基礎化粧品は、最低限、化粧水と乳液を揃えて下さい。良くない使い方は、乳液をつけず、化粧水だけで済ませてしまうスキンケア。これでは、全く意味がなくなってしまいます。

 

化粧水で保湿をしても、油分で蓋をしなければ、せっかくの潤いが蒸発して逆に水分が奪われてしまいます。

 

乳液は、しっかりと保湿をして閉じ込めてくれる大切な役割を果たしてくれます。この2ステップが基礎となるスキンケアです。

 

よりしっかりと潤いを与える為におすすめの使用法は、化粧水の重ね付けです。

 

まず、適量をコットンに含ませ、優しくパッティングしながらお肌全体に馴染ませます。その後必ず、手の平で顔を包み込むようにハンドプレスをしましょう。

 

再度同じ化粧水を少な目に手に取り、優しく馴染ませていきます。

 

乾燥の気になる部分がある場合は更に手に取って、同様に馴染ませます。こうして重ね付けをすると、どんな化粧水でも、もっちりとした感触になります。乾燥の気になる時期にはとてもおすすめです。

 

その後、間を置かずにすぐ乳液をつけます。乳液はメーカーにもよりますが、手で使用する方が効果的です。

 

手の平に伸ばしてから、摩擦なくやさしく押すようになじませる事が大切です。

 

雑に塗らず丁寧に入れ込むと、基礎化粧品本来の実力を引き出す事ができるのです。

基礎化粧品を利用して得られる効果

女性の方は一定の年齢になりますと毎日お化粧を行うなどして、お肌のメンテナンスや美しさのアップを図っています。

 

この際に使用する化粧品としましては顔の部分毎に様々な種類が有りますが、基礎化粧品は多くの方が使用していまして様々な効果が得られます。

 

例えば化粧水は肌に必要となる水分などを補給すると共に、これにはコラーゲンやヒアルロン酸など保湿効果の高い成分も配合されていまして、長い時間にわたりお肌の潤いを保つ効果が有ります。

 

また最近はこれに加えてビタミンc誘導体など肌に美白効果をもたらす成分も配合されるなど、多くの方が利用を行っています。

 

これ以外にも基礎化粧品としてファンデーションが有りまして、これを肌に塗る事によってキメを整えたり或いは顔の色合いを調整する効果が有ります。

 

そしてファンデーションには外出した際に日焼けしない様に日焼け止めの効果も得られます。

 

そしてお化粧は帰宅後にクレンジングなどで取り除く必要が有りますが、肌への負担の少ない商品を選定する事が大切となります。

 

これらの基礎化粧品は多くのメーカーが販売していますので、どのメーカーの商品を利用するか検討する際にお勧めなのがアットコスメの情報サイトです。

 

ここではスキンケアや基礎化粧品の総合情報サイトとして基礎化粧品の種類毎に商品一覧を表示したり、或いは商品を利用された方の口コミのランキング順に商品を知る事が出来ます。

 

そしてニーズに合致する商品を選ぶ事が可能となります。

保湿力の高い基礎化粧品がオススメ

化粧は毎日しない人でも、基礎化粧品は毎日使う人が多いでしょう。

 

昼間に外で紫外線を浴びていると、何も対策をしていなかったら、顔中にシミができて、年齢を重ねると、シミやそばかすだらけの顔になってしまいます。

 

基礎化粧品を使うだけでも、紫外線をカットし、夜はしっかり保湿をすることが可能です。

 

基礎化粧品は化粧水や乳液などをさします。まず、朝は洗顔をしっかりして、余分な汚れをしっかり落とします。

 

そして、化粧水の入りをよくするために、導入として、ホホバオイルを数滴顔に万遍なく浸透させましょう。

 

そして化粧水でしっかり肌を整えます。

 

次に、UV機能のある日焼け止めの効果もある乳液を顔に塗ります。

 

これで、昼はバッチリですが、買い物に行くくらいのメイクでも、リップや眉毛を描くくらいのことはしたほうがいいでしょう。

 

夜はクレンジングジェルでゆっくりメイクを落とします。

 

そして洗顔をします。

 

化粧水をたっぷり塗ったら、最後に夜用の保湿乳液か保湿ジェルを顔に塗ります。

 

眠っている間に、肌をしっかり休める機能もありますし、保湿をしないと、肌が乾燥して、若さがキープできません。

 

美肌に大切なのは、十分な保湿をしてあげることと、たっぷりの睡眠です。睡眠は黄金時間と呼ばれる夜の10時から朝の2時にしっかり眠りについていることが望ましいので、目標にしてトライしてみましょう。

 

美容は一日ではできません。毎日の積み重ねが大事です。

 

中でも保湿は肌に最重要項目の一つです。

 

基礎化粧品の中でも保湿を重視したものでライスフォースという化粧品があります。

 

これがとてもおすすめの商品ですので、効果的なライスフォース使い方を見て参考にしてみるのも良いと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ